位置: 主页 > 凯旋门娱乐登录 >

エルサレムは取引対象とならず=パレスチナ

时间:70-01-01 08:00 来源:

米国がイスラエルとの和平交渉への复帰を促すため、パレスチナに対して経済支援の冻结を警告したことについて、パレスチナ侧は3日、「エルサレムを取引の対象にすべきではない」と非难しました。

トランプ米大统领は2日、ツイッターへの投稿で「米国はパレスチナに年间数亿ドルもの支援を行っているが、何の感谢も敬意も得られていない」「パレスチナはイスラエルとの和平交渉を考えもしない」「パレスチナが和平交渉に临まないならば、なぜ米国が将来にわたってパレスチナに多额の支援を続けなければならないのか」などと书き込みました。

これに対し、パレスチナ大统领府の报道官は3日、「エルサレムとそこにある宗教施设は売り物ではない。たとえ金银财宝を提示されてもありえない」と非难した上で、「合法性がなければ和平交渉と真の平和はありえない。米国が中东の利益を重んじるのなら、国连安保理と国连総会の関连原则を顺守すべきだ。そうでなければ中东を穷地に追い込んでしまうだろう」と强调しました。

また、この件について、パレスチナのイスラム原理主义组织ハマスもコミュニケを発表し、米国による警告について『政治的恐喝』と批判しました。(鹏、む)

热门文章
最新文章

Copyright © 2002-2011 DEDECMS. 织梦科技 版权所有 Power by DedeCms